読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意志を鍛える

一年の計は元旦にありというけれど、たしかに年が始まった当初というのは計画を立てたくなり、また新鮮な気持ちで実行も出来てしまう。例えば「今年は日記を書こう」と決意したとして、少なくとも1ヶ月は継続出来るものなのだ。でも、そのうち億劫になり、書かなくなってしまう。新しかった決意も、繰り返すうちに慣れてしまう。新鮮な気持ちがいつしか薄れてしまい、飽きてしまうのだ。惰性になることにより、意志が揺らいでしまう。
それとは全く別の現象として、1日のうちでは朝から午前中にかけて、新鮮な気分が続く。「今日は午前中に掃除をして、午後から買い物に出よう」と簡単なプランを立てる気分にもなる。さらに「昨日は少し食べ過ぎたから、今日は控えておこう」などというダイエットプランも立ててみたりする。
しかし、夕方を過ぎ夜が更けてくると、何故かコントロールが効かなくなり、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりと、朝立てた計画を遂行出来なくなって自己嫌悪に陥ったりもする。
始まりの時には強く抱いていた意志が、途中から脆くも崩れてしまうのは何故だろう。
日内の変動を見ると、朝はしっかりと眠って目覚めた直後なので、気分も体調もよく、意志も充分にコントロールできる。でも、夕方を過ぎると疲れてきて、コントロールが効かなくなる。自制心を失い、誘惑に負けてしまうのは、大概夕方から夜間にかけてなのだ。
以上を踏まえた上で、意志を持続するために出来る事について考える。
①飽きないために、常に工夫をする。例えば実行した後に自分にご褒美を用意するなど。
②自制心を失いかけた時の対処法を準備しておく。例えば、本来の目的を思い出させるようなキーワードを紙に書いて、いつでも見える場所に置いておくなど。
とはいえ、弱い人間なんだから、予定通りに行かない事の連続である。意志を貫くことこそが、あるいは人生の目的なのかしらと思いながら、今日も修行すべく課題のひとつであるダイエットに挑むのであった。